2010年03月02日

アルピーヌ・A610

アルピーヌ・A610は、フランスの自動車メーカーである、アルピーヌが1991年に製造した自動車。2+2スポーツカー。概要アルピーヌ・V6ターボの後継モデル。ボディはアルピーヌ・V6ターボ同様にFRP製を踏襲し、鋼管製バックボーンフレームをベースにスペースフレームへ変更、エンジンも2.500ccから3.000ccターボに変更された。エンジン搭載部分を前進し、ダブルウィッシュボーンサスペンションとタイヤサイズを一新、冷却系などにも手を加えた。ヘッドランプはリトラクタブル式に変更、北米仕様のV6ターボに似たデザインとなった。1995年に生産中止、このモデルを最後にアルピーヌブランドのスポーツカーは生産していないが、ルノー・スポールなどの生産を担当している。参考文献Gazoo名車館 1960年 アルピーヌ A610 ターボ 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BBA610」より作成カテゴリ: ルノーの車種 | アルピーヌの車種隠しカテゴリ: 自動車関連のスタブ項目

<女性遺体>80代姉妹が焼身自殺か…大阪・大東(毎日新聞)
観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)
閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う−東京(時事通信)
<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
<向精神薬>医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)
posted by Ellery Bacon at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。